久留米大学病院 志波直人

◆志波直人先生のプロフィール

 

志波直人先生の医師と仕手のキャリアは昭和57年に久留米大学病院にてスタートしました。平成3年には一度、Mayo医科大学のバイオメカニクス研究所での留学でアメリカに一年間滞在されています。平成4年11月には久留米大学に戻られてからはステップアップを重ね、平成24年には主任教授になられました。現在、久留米大学病院の院長として若手医師の育成、地域住民の診療対応にあたられています。日本リハビリテーション医学会にも所属しており、志波先生のリハビリ指導は高い評価を得ています。

 

◆志波直人先生のレビュー

 

志波先生は骨粗鬆症の治療、リハビリ指導において評価が高い先生です。今までたくさんの患者さんが先生の手により健康な体を取り戻してきました。そんな患者さんから志波先生へのレビューが届いていますのでひとつ耳を傾けてみましょう。

 

骨粗鬆症治療とリハビリで志波先生にはお世話になりました。当時は二十代でした骨年齢が70代とのことでとてもショックでした。絶対に健康な骨を取り戻したかったのでリハビリを頑張っていましたが、志波先生は親身になっていつも励ましていただきました!今では元気に生活しています。心なしか前より体も丈夫になったような気がしており、志波先生のリハビリのおかげかな?と思っています。