群馬大学医学部 高岸憲二

◆高岸憲二先生のプロフィール

 

高岸憲二先生は昭和55年に九州大学医学部を卒業され、現在では群馬大学医学部整形外科学科の教授として研修医達の育成にあたられています。群馬県高校球児のメディカルチェックや、群馬県のJ2サッカーチーム「ザスパクサツ群馬」のチームドクターなど、スポーツ医療に関する取り組みにも力を注がれてきました。整形外科を患者さんのQOL維持に重要な科ととらえ、様々な患者さんやアスリートたちの健康維持、治療につとめておられます。

 

◆高岸憲二先生のレビュー

 

高岸先生はスポーツドクターとして評価の高い先生です。多くの怪我に悩むアスリートたちを痛みから救ってきました。先生がご担当された患者さんから診察レビューが届いていますので耳を傾けてみましょう。

 

違和感を感じながら部活の練習を続けていたら、膝の痛みが慢性的になってしまいました。高岸先生のスポーツドクターとしての評判はお聞きしていましたので、是非診ていただきたいと思い群馬大学病院に行きました。痛みの発生原因を丁寧に説明してくださり、治療方法の説明もわかりやすかったです。先生のおかげで復帰に時間はかかりませんでした。

久留米大学病院 志波直人

◆志波直人先生のプロフィール

 

志波直人先生の医師と仕手のキャリアは昭和57年に久留米大学病院にてスタートしました。平成3年には一度、Mayo医科大学のバイオメカニクス研究所での留学でアメリカに一年間滞在されています。平成4年11月には久留米大学に戻られてからはステップアップを重ね、平成24年には主任教授になられました。現在、久留米大学病院の院長として若手医師の育成、地域住民の診療対応にあたられています。日本リハビリテーション医学会にも所属しており、志波先生のリハビリ指導は高い評価を得ています。

 

◆志波直人先生のレビュー

 

志波先生は骨粗鬆症の治療、リハビリ指導において評価が高い先生です。今までたくさんの患者さんが先生の手により健康な体を取り戻してきました。そんな患者さんから志波先生へのレビューが届いていますのでひとつ耳を傾けてみましょう。

 

骨粗鬆症治療とリハビリで志波先生にはお世話になりました。当時は二十代でした骨年齢が70代とのことでとてもショックでした。絶対に健康な骨を取り戻したかったのでリハビリを頑張っていましたが、志波先生は親身になっていつも励ましていただきました!今では元気に生活しています。心なしか前より体も丈夫になったような気がしており、志波先生のリハビリのおかげかな?と思っています。

島根医科大学医学部附属病院 内尾祐司

◆内尾祐司先生のプロフィール

 

内尾祐司先生は1990年に島根医科大学大学院医学研究科単位を修得し、いくつかの医療機関への入局や英国留学を経た後、現在は島根大学医学部にて整形外科学講座の教授とつとめられています。日本臨床スポーツ医学会、日本人工関節学会、日本骨折治療学会といった学会に所属され、スポーツ医療に関する書籍も多く出版されている一流のスポーツドクターであり、プロ、アマ問わず多くのスポーツ選手たちから深く信頼されている先生です。

 

◆内尾祐司先生のレビュー

 

スポーツで体を壊してしまったたくさんのアスリートたちが内尾先生の手に回復し、現役に復帰していきました。先生がご対応した患者さんからの診療レビューが届いていますのでご紹介しましょう。

 

連日のサッカー練習で膝の痛みが深刻になったときに内尾先生に診ていただきました。初診の際、症状の相談を親身になって聞いていただいたのが印象的でした。おかげで痛みもなくなり、今は現役復帰しています。ストレッチなど怪我をしにくい体づくりの方法を教えていいただいたのも感謝しています。

慶應義塾大学病院 松本守雄

◆松本守雄先生のプロフィール

 

松本守雄先生は1986年に慶応義塾大学医学部を卒業されました。同大学病院で研修医、専修医として経験を積まれた後、留学のため米国に行かれています。慶応義塾大学に戻られた2002年から専任講師、准教授とステップアップを重ね、2015年には医学部教授となられます。明治大学の相沢守助教授や上智大学の研究チームと人工骨の開発技術向上に取り組み、細胞を培養し人工骨を作り上げる技術を開発しました。腰痛のスペシャリストとしてテレビ番組出演された経験もあります。

 

 

◆松本守雄先生のレビュー

 

松本先生の専門は脊椎、腰周りの病気、痛みです。腰痛、坐骨神経痛、ギックリ腰といった症状に突然襲われ困っている患者さんに日々対応されています。そんな中から坐骨神経痛で松本先生の元を訪れた女性患者さんのレビューをご紹介します。

 

妊娠8ヶ月ごろのことですが、腰からお尻にかけてしびれのようなものを感じ始めました。腰痛だと思い診察を受けに行ったのが慶應義塾大学病院です。担当の松本先生には坐骨神経痛だと診断されました。当時はまだ20代でしたので腰痛は少し情けないと思っていたのですが…坐骨神経痛は妊婦がなりやすいと聞き安心しました!教えて頂いたストレッチを実践に、お産までには痛みも引きました。今では子供も大きくなりましたので先生にはとても感謝しています!

大阪医科大学附属病院 根尾昌志

◆根尾昌志先生のプロフィール

 

根尾昌志先生は昭和58年に京都大学医学部を卒業し、医師としてのキャリアをスタートされます。1994年には一旦ベルリンに向かい、自由大学付属ベンジャミン・フランクリン病院の病理学教室にて2年間お勉強されています。帰国してからも医師として研鑽を積まれ2002年には京都大学に講師として入局されました。2012年には 教授、整形外科の科長として現在在籍する大阪医科大学での勤務を開始されています。 マジック好きという意外な一面をお持ちの根尾先生ですが、その腕前は相当なもの。大学HPにある先生のプロフィールページでは、先生のマジック動画を見ることができます。

 

◆根尾昌志先生のレビュー

 

根尾先生が専門としているのは腰、背中を通り抜ける「脊椎」です。 腰痛やヘルニア、坐骨神経痛などで悩んでいるたくさんの患者さんが根尾先生のもとを訪れています。根尾先生の手により痛みから開放された患者さんからの声をひとつご紹介しましょう。

 

一人目の子供の育児で腰が痛くなり、はじめて整体に行きました。整体は気持ちよかったんですが、次の日に立ち上がることが出来ないほどの激痛に襲われました。たまらず病院に行きましたが、医師はこちらの痛みを良く理解してくれず結局痛みは改善されず。今回こそはと思い評判のいい先生を調べて足を運んだのが根尾先生の病院です。正直、先生でこんなに違うのかと思い知らされました。頂いた鎮痛剤はよく効きましたし、教えていただいたマッサージは今でも疲れたときよく実践しています。

愛媛大学医学部付属病院 三浦裕正

◆三浦裕正先生の経歴

1982年 九州大学医学部 卒業
1997年 九州大学医学部附属病院 講師
2008年 九州大学医学研究院 准教授
2010年 ~現職

日本整形外科学会 ・整形外科専門医・スポーツ医・脊椎脊髄病医

専門分野 膝関節外科、手の外科、バイオメカニクス

 

◆三浦裕正先生のレビュー

自分は走るのが好きで、夜ジョギングをしているのですが、道の段差に気がつかずそのまま足を着いてしまい転んでしまいました。

その際に、腰に変な違和感を感じましたが、動くのには問題なかったので気にはしてなかったのですが、翌日朝起きたら腰が痛く起き上がるのも大変でした。

昨日転んだ時にやってしまったのかなと思い、愛媛大学医学部付属病院に行くことにしました。

三浦裕正先生の診察を受けたのですが、変形性脊椎症とのこと。ジョギングでの転倒の際に椎間板に負荷がかかり変形してしまったとのことでした。

幸い軽度とのことでしたのでシップとマッサージをしていただき、先生からリハビリ方法を教わり毎日行っていくことで、痛みはなくなり、今では今まで通りとはいかないものの、ジョギングもすることができるようになりました。

三浦裕正先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

 

 

順天堂大学病院 金子和夫

◆金子和夫先生のプロフィール

 

金子和夫先生は1979年に順天堂大学医学部を卒業された後同大学院に進まれ、1985年に医学博士の学位を取得されました。その後はいくつかの医療機関にて経験を積まれ、2010年に順天堂大学医学部整形外科学教室主任教授に就任されました。現在に至るまで若手医師の育成、地域医療の発展にお力を注いでいます。日本整形外科学会、日本臨床スポーツ医学会といった学会への所属や日本体育協会公認スポーツドクターの資格などスポーツドクターとして一面も持っています。

 

◆金子和夫先生のレビュー

 

金子先生の診療科は整形外科スポーツ診療科です。 中でも、激しいスポーツで酷使されがちな股関節を専門としています。先生の診療により救われた患者さんからの声が届いていますので、耳を傾けてみましょう。

 

無理なランニングで股関節を痛めてしまい、金子先生に診ていただきました。日常生活はおろか、練習に早く復帰出来たのが驚きです。金子先生はアスリートの怪我や体のことを熟知しています。周りの陸上選手にもオススメしている先生です。

山口大学医学部付属病院 田口敏彦

◆田口敏彦先生のプロフィール

 

田口敏彦先生は昭和55年に山口大学医学部を卒業され、医師としてのキャリアをスタートされました。平成10年には現在お勤めの山口大学医学部付属病院での勤務を開始されています。今では同病院の院長として若手医師たちの指導、地域患者のご対応にあたられ、信頼される病院づくりにお力を注がれています。 現場に立つ医師としてもこれまでたくさんの患者さんを救ってこられました。聡明な人柄と理路整然とした説明で信頼の厚い先生です。

 

 

 ◆田口敏彦先生のレビュー

 

たくさんの神経が集まっている脊椎が田口先生の専門です。腰、背骨の痛みに悩むたくさんの患者さんが助けを求め田口先生のもとを訪れています。先生がご対応された患者さんからレビューが届いていますのでひとつご紹介しましょう。

 

腰痛治療は田口先生と友人にオススメされていましたので診察をお願いしましたが、噂に偽りなしといったところでしょうか。以前の激痛が嘘のようです。誠実でいて知的な物腰も好感がもてました。腰痛の仕組みと治療法をわかりやすく教えていただき感謝しています。

宮崎大学医学部附属病院 帖佐悦男

◆帖佐悦男先生のプロフィール

 

帖佐悦男先生は1984年に大分医科大学医学部医学科を卒業し、1996年には宮崎医科大学(現宮崎大学)の医学博士になられました。以降、1998年には助教授となられ2004年には整形外科教授に就任されました。現在は宮崎大学医学部附属病院の副病院長、整形外科長、リハビリテーション部長として地域医療の発展、患者さんへの診療にと活躍されています。国体などに宮崎県選手団の専属として帯同するなど、スポーツドクターとしても高い評価を得ています。

 

◆帖佐悦男先生のレビュー

 

帖佐先生は整形外科の医師として、そしてスポーツドクターとしてプロ、アマ問わずたくさんのスポーツプレイヤーの怪我、痛みに向き合ってきました。先生の対応患者さんからの診療レビューが届いていますので耳を傾けてみましょう。

 

股間節の痛みをごまかしながら陸上を続けていましたが限界を感じ、帖佐先生にご相談しました。これまで合ってきた医師とは違うスポーツに対する深い造詣としっかりした治療説明で、初診のときから信頼できる先生だと思いました。おかげさまで問題なく走れるようになり、先生に診ていただいて本当によかったなと思っています。

福島県立医科大学付属病院 紺野愼一

◆紺野愼一先生のプロフィール

 

紺野愼一先生は1984年に自治医科大学を卒業された後、1984年から9年間福島県立田島病院の整形外科に勤務されました。1993年にはスウェーデンのヨーテボリ大学整形外科に椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄研究のため1年間留学されています。 帰国後には福島県立医科大学医学部整形外科でのキャリアをスタートされ、現在は同大学付属病院 脊椎・脊髄外科の医師として日々患者さんの対応にあたられています。腰痛に関する書籍の著者としても知られており 、「あなたの腰痛が治りにくい本当の理由」は腰痛に悩む方に数多く読まれています。

 

◆紺野愼一先生のレビュー

 

関連書籍を出版されていることから、今までたくさんの腰痛に悩む患者さんと向き合ってきた紺野愼一先生。紺野先生がご対応された患者さんからの診療レビューをひとつご紹介します。

 

子供が生まれたばかりのことです。もともと腰に不調を抱えていたのですが、子供を抱えながらの買い物などで完全に腰痛になってしまいました…。そこで、同じ悩みを持つママ友から紹介されたのが紺野先生でした。紺野先生の診察はとてもわかりやすく、無理のない子供の抱え方なども指導してくださいました。腰痛の本を出している先生ということなので、今度読んでみたいと思います。